【プロおすすめ】2018年プロフィールムービーおすすめ人気楽曲をご紹介!

やさしさで溢れるように / JUJU

出典:https://www.youtube.com/

2009年発売。JUJUの代表作でもあるこの楽曲ですが、なによりこの圧倒的な歌唱力に聞くだけで涙がこぼれてきそう…。「離れていてもそばにいるよ」といったような歌詞を見ると少し切ない部分もありますが、”あなたの幸せが私の幸せ”といたような所は、結婚式にはピッタリの1曲ではないでしょうか。

プロフィールムービーだけでなく、エンドロールでも人気の1曲です。

promise / 平井大

出典:https://www.youtube.com/

2012年発売。セカンドアルバムに「ALOOOOGANA!!」に収録された「primise」。

優しい歌い出しのこの曲は、夏や海の爽やかなイメージが伝わってくる印象で、サビのキラキラ感と優しさが合わさって、ハッピーな印象のこの曲に深みを増しています。

海外挙式やリゾート婚の方にもおすすめな楽曲で、後半の盛り上がり方をみても、オープニングなどで二人の準備の様子などを流したりする演出をお考えの方にもおすすめな1曲です。

back number(アーティスト)

花束

出典:https://www.youtube.com/

2011年発売。2ndアルバム『スーパースター』に収録された「花束」。

「大切な人に自分の思いをしっかりと伝えなくちゃ」と想いが、ほのかな幸せと一緒に包まれている温かな楽曲です。日常を切り取った中にストーリーが見えるのがすごく素敵で、男性も共感持てるため、双方から人気のある楽曲になっています。

クリスマスソング

出典:https://www.youtube.com/

2011年発売。5thアルバム『シャンデリア』収録された「クリスマスソング」。

山下智久と石原さとみが主演した人気のドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌として話題になった楽曲です。クリスマスソングではありますが、ストレートな男性の気持ちにキュンとなる歌詞で、新郎の気持ちを代弁するような歌詞が結婚式にぴったりです!!

新郎から花嫁へのサプライズ演出などでもおすすめな楽曲です!

日曜日

出典:https://www.youtube.com/

2012年発売。back numberのメジャー5作目のシングル「日曜日」。

結婚生活を描いている歌詞がこれからの二人の未来をイメージさせる1曲で、結婚式のどのシーンでも使える万能な楽曲だと思います。

星野源(アーティスト)

Family Song

出典:https://www.youtube.com/

2017年発売。自身10枚目シングルの「Family Song」

日本テレビ系水曜ドラマ「過保護のカホコ」の主題歌として起用されたことでも有名で、「家族」=「愛」という想いが詰まったこの曲、心が温かくなるような一曲になっています。

出典:https://www.youtube.com/

2016年発売。自身9枚目のシングルとなった大ヒットナンバー「恋」。

とにかく自分がワクワクする曲、自分が突き動かされる曲―ダンスミュージックをつくりたい”というという気持ちで作った楽曲で、TBSのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で大人気の入場曲に♪

「ゲストみんなが知っている曲で、ハッピーになれるから使いたい」
「みんなで踊って、笑って、楽しい結婚式にしたいから」などゲストとみんなで楽しむ結婚式をコンセプトにお考えの方にぜひおすすめしたいです。

SUN

出典:https://www.youtube.com/

2015年発売。自身8枚目のシングルとなった「SUN」。

星野源独特のゆる~いポップスで、披露宴がほっこり和やかなムードに♡

温かな気持ちでムービーを御覧いただけるムービーに仕上がります。

My First Kiss / Hi-STANDARD

出典:https://www.youtube.com/

2000年発売。

アニメ『キテレツ大百科』のオープニング曲やエンディング曲で使われた懐かしいナンバー「はじめてのチュウ」を、2000年にHi-STANDARDが英訳した歌詞で「My First Kiss」としてリリースし大ヒットしたこの楽曲。ハイスタ色満載のパンクビートに英語歌詞が印象的なアップナンバーで、一気に雰囲気を切り替えたい!盛り上げたい!そんな時におすすめの1曲です。

糸 / クリス・ハート

出典:https://www.youtube.com/

2013年発売。中島みゆき「糸」をクリス・ハートがカバーしたナンバー。

透き通るような綺麗な高音が特徴で、心に響く楽曲になっています。歌詞が本当にいいので、
プロフィールムービーのBGMに使うとグッとくる感動的な演出になるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする