プロフィールムービー制作に関するQ&A

プロフィールムービー制作専門店のプリンセスネットプロフィールムービーをご制作させて頂く場合に、気になる細かな点をQ&A方式でまとめさせていただきました。(PCサイトのプロフィールムービー一覧ページに掲載のものと同様)

写真は何枚くらい使えますか?何枚まで増やせますか?

どのプロフィールムービーを元にムービーを制作するのかにもよりますが、大まかには新郎生い立ちパート10枚・新婦生い立ちパート10枚・二人の馴れ初めパート10枚の計30枚を基本枚数として構成をしております。また写真追加オプション(1,080円/1枚)をご利用いただくことで、お好みの枚数でプロフィールムービーをご制作させていただくことも可能です。

オプションをご利用頂いて写真追加を行う場合上限などは特にございませんが、一般的にプロフィールムービーを上映する場合、ゲストも飽きずに楽しんでみてもらえる分数が約8分程度までと言われておりますので、その当たりの時間を目安に写真枚数をお考えいただければと思います。

またお選び頂いた音楽の長さが短かったりすると、1枚あたりに表示する時間などが極端に短くなってしまい、コメントを読み切る前に次のお写真に移ってしまうなどということをありますので、写真を多めに追加をする場合は、なるべく長めの楽曲を選ぶようにしましょう。(大体5分以上ある楽曲がおすすめ)

【ポイント】

①ほとんどの写真が30枚程度まで使える

②写真追加もオプションで利用可能

一般てj機なプロフィールムービーの写真構成例

写真はどんなものが使えますか?使えない写真とかありますか?

プロフィールムービーだけに関わらず、基本的にお使いできない写真はございませんので、お好きな箇所にお好きな写真や画像を好きな場所に入れることが可能です。※法的また倫理的に問題のあるものを除く

二人で写っているお写真以外にも、想い出の風景写真や記念日にプレゼントをしてもらった思い出のアルバムなど人物が写っていない写真なども使用頂けます。

このような画像を挟んだりすることで映像に幅が出てくるメリットもあるので、想い出の写真とメッセージ文を添えてたりすれば、二人らしいオリジナル性のあるプロフィールムービーに仕上げていただくこともできるかと思いますよ。

【ポイント】

①どんな写真でも使える

②二人の写真以外の画像を挟むアレンジもGOOD!!

想い出の花火大会の写真や家族で作ったアルバム写真も使用可能です

どんな写真がおすすめですか?どんな所に気をつけて写真を選べばいいですか?

①横向き写真を多めに選ぶ

プロフィールムービーに限らずムービーで画像を表示する場合、ムービーのサイズ自体が横長なため横写真の方が大きく写ります。

縦の場合は基本的に上下を切らずに表示をするため、横写真に比べるとお写真が小さく表示されているように感じがちです。ですので、写真とコメントをしっかりと見せたい方や写真が沢山あってどれにしようかな?とお悩みの方は、できる限り横向き写真をたくさん選ばれたほうがプロフィールムービー的にも見栄えがよく出来あがるかと思います。

比べて写真があまり無い方は、スタート用写真やTOP用写真などパートの切り替わりとなる印象的なシーンで見栄えの良い横向き写真を優先的に選んでいくと良いでしょう。ポイントとなる箇所の見栄えを良くしていることで、パートパートの切れ目がはっきりし、全体的にもまとまったキレイなプロフィールムービーに見える効果が期待できます。

【ポイント】

①縦より横写真がおすすめ!

②ムービースタート用や新郎新婦のTOP用写真は絶対横写真がおすすめ!!

縦よりも横写真のほうが写真を大きく表示できるのでおすすめ

②画質の良い写真を選ぶ

写真や画像はできる限りが画質の良いものをお選びいただくに越したことはありません。

披露宴などに出席してプロフィールムービーを実際にご覧になった方はおわかりいただけるかと思いますが、テレビやパソコン上で見て問題ない範囲でキレイに仕上がっていても、実際の会場で流した時にそれ通りに流れるとは限りません。

というのも、会場で流す場合プロジェクターを通してスクリーンに流すため、思った以上にはっきりと映像が見えないというのがよくある話。また会場によっては暗幕(光を遮断するための黒いカーテン)がすべての窓にない場合、明るい状態のまま映像が映し出されるため、いざ映してみると明るくて全然見えない…なんてケースもあります。

ですので、写真を選ぶ際には、なるべく良い画質のものを選んでいたいただくことをおすすめいたしております。

【ポイント】

①高画質な画像を優先的に集めよう

注)思った以上に会場のスクリーンは見えにくいです!!(^_^;)

高画質のほうがキレイな映像に仕上がります

③プリクラや遠目の写真は少なめにする

プリクラや人物がすぐに何の写真かわからないものは、初めて見るゲストにとってすぐにどんな写真なのかを把握することが難しいため、プロフィールムービーのコメント文が写真の説明になりがちです。

またこのような写真が多いと、コメントが出てくる写真の説明ばかりになりがちで、見ているゲストもつまらなく感じてしまう事になりかねないので、使う場合は最小限に抑えるようにしましょう。

【ポイント】

①パット見でわかりやすい写真や画像がおすすめ

中学生や高校生の時の写真がまったくないのですが大丈夫ですか?

実際に思春期の写真が少ない方は少なからずいらっしゃいます(特に新郎様のケース)ので、特に気にすることはありません。

もしそういう場合でお困りのときは、その状況を逆手に取ってオリジナリティを出したプロフィールムービーを作ってみてはいかがですか?親戚やご両親と撮った幼少期の写真を多めにすることで、ご両親やご親戚に昔を懐かしんでもらうようなプロフィールムービーにもすることが出来ますし、また大人になってからのお写真が多い場合は、そのような写真を多く構成することによって、ゲストメッセージ型のプロフィールムービーにすることも可能です。

チョット違う二人だけの味を出すことでより二人らしさが残るプロフィールムービーにしてみてはいかがでしょうか。

【ポイント】

①何を伝えたいムービーにするかがポイント!!

②大事なゲストとの写真をたくさん使って感謝を伝えよう!!

ズーム機能ってなんですか?

ズーム機能とは、指定をした場所にどんどんと寄っていく機能のことで、主に複数人で移っていらっしゃる写真を使用する場合に、きちんとゲストの方々にご本人はここにいますよというのがわかるようにするための演出機能のことです。

「プロフィールムービー/BEGIN(ビギン)」や「プロフィールムービー/グラフィティ」など全体的に寄っていく動きが予めついているムービーも多いため少し紛らわしいですが、全体的に寄っていく場合はズーム指定をしなかった場合(ムービー自体の動き)で、写真の右端など本人の位置をめがけてズームアップしていっているものが、ズーム指定を行った場合(ズーム機能を使った場合)の動きとなります。

【ポイント】

①大人数で自分がどこにいるのかわからない写真はズームがおすすめ

②逆に全体の雰囲気を伝えたいときはあえてズームなしもOK!!

ズーム指定を行うと指定した位置に徐々に寄っていく動きを付け加えます

コメント文を考えるコツってありますか?

①写真の説明をせず、エピソードを中心に語る

見ていて一番悲しいパターンは写真の説明ばかりを行っているプロフィールムービーです。「小学校の運動会にて」「成人式」など見て分かる内容ばかりを並べていても見ているゲストは何も面白くありません。

コメントを考える際にいちばん大事なポイントは、自分という人間がどのような人間でどうやってここまで成長してきたかをどうやったら知ってもらえるのかを考えることです。プロフィールムービーの原点は、生い立ち紹介と二人の出会いからこれまでを多くの方に知ってもらうことです。

写真だけではわからないその当時のエピソードを交えながらストーリーを持って展開していくと、初めて見るゲストだけでなくご親戚の方々やご両親も、「〇〇ってこんなことを思っていたんだ」など、より楽しんでお二人のことを知ってもらういい機会になるかと思いますよ。

【ポイント】

①コメント文を写真の補足説明にしない

②たくさんのエピソードを語って二人だけのプロフィールムービーにしよう!!

コメントにはエピソードなどを加えればよりゲストが楽しめる内容にできます

②コメントを長文にしない(30文字以上)

たくさんいろんなことを伝えたいからといって、コメント分が長文になってしまうのもおすすめできません。良いプロフィールムービーを作るには、写真とコメント文のバランスが大事です。コメントはなるべく簡潔にして、伝えたい部分を中心に伝わりやすい内容となるように心がけましょう。

コメントが長すぎると初めて見るゲストは読みきれません。(1枚に対する表示時間は8秒程度なので)仮に読み切れたとしても写真を見る余裕がなく、読むのに必死になりすぎてきっと疲れてしまうでしょう。

またコメント文が長すぎると写真に対して下半分がコメントなどになってしまうと、今度はせっかく考えたコメントが写真に覆いかぶさってしまい、写真が全然見えないなんてことも考えられます。

【ポイント】

①ゲストからの見やすさ読みやすさを考える配慮の心も大事

コメントには所見でもわかりやすいように簡潔にまとめることが大事です

③内輪ネタばかりはNG

よくありがちなのが仲良し数人しかわからない当時流行った内輪ネタをたくさん入れてくるパターンです。確かにこれは当時仲の良かったメンバーには大ウケするかも知れません。

ただ逆を言うと大半の人間が何の話をしているのかさっぱりわからず疎外感を感じてしまうことにもなりかねません。(場合によっては場がシラケてしまう事も…)内輪ネタはなるべく少なめにして、プロフィールムービーを制作する時は特に、多くの人たちに見てもらうということを第一に考え、ゲストへの配慮を忘れることなくコメントを考えたりや写真選びを行うようにしましょう。

【ポイント】

①多くの方に一斉に見てもらっていることも忘れないで!!

音楽は何曲使えますか?どんな曲が使えますか?

プロフィールムービーの音楽(楽曲)に関しては基本2曲で構成されております。1曲目がスタートから新郎生い立ち紹介を過ぎ、新婦の生い立ち紹介が終了するまで。2曲目がそれ以降の二人の馴れ初めパートからムービーのラストまでとなっております。(※スクラップ(プレミアム)を除く)

音楽に関しては、「①変更しない(サンプル楽曲のまま)・②弊社保有の著作権フリー楽曲に変更する・③市販の楽曲(isumデータベース登録済み)に変更する」の3つから選択することが可能で、どれにするかで料金面や注意点などが異なってまいります。

詳しくは、楽曲についてをご覧ください。

【ポイント】

①曲は基本2曲。曲追加で最大3曲構成もOK!!(1,080円/曲)

通常は2曲構成になっています

音楽を1曲で作ってもらう事ってできますか?

1曲でお作りさせて頂く事も可能です。(追加料金無し)ただしプロフィールムービーの場合は、写真が通常で30枚以上と多く構成されているため、4分程度など短い楽曲をお選び頂いた場合、楽曲の長さに合わせて写真を表示させるため、1枚あたりの表示時間が極端に短くなってしまい、ゲストもしっかりとコメントや写真が見れないムービーになってしまうことも考えられます。

1曲構成をご希望される場合は、なるべく5分以上の楽曲から選ぶようにしましょう。また特に「プロフィールムービー/YOUR STYLE」や「プロフィールムービー/BEGIN(ビギン)」で1曲構成にする場合は、通常枚数でも最大46枚など他のパターンよりも表示される写真枚数が多いため、特に長めの楽曲を選ぶようにしましょう。

【ポイント】

①1曲構成も無料OK!ただ5分以上の長めの楽曲を選ぼう!!

全体を5分程度で作って欲しいなど長さの指定もできますか?

ご対応可能です。使用する音楽との兼ね合いもありますのでピッタリ5分ということは出来かねますが、約◯分程度であればご対応可能です。

全体を何分程度に作って欲しいという要望でも結構ですし、「スタートから新婦生い立ちパートまでを◯分◯秒程度」など楽曲のキリがいいタイミングまで合わせることなどの細かなご要望にもできる限りご対応させていただいておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

【ポイント】

①ご要望欄で細かな希望を伝えてみよう!!

会場からもらった持ち込みの際の注意事項に沿って作ってもらえますか?

ご対応可能です。プロフィールムービーのみならずオープニングムービーやエンドロールなどに関しても同様で、素材送付時に注意事項の紙も一緒にお送りいただければ、その内容に沿ってお作りをさせていただきます。(万が一ご対応が出来かねる場合は即日ご相談をさせていただきます)

万が一心配な場合は、事前にLINEなどでのお問い合わせでご相談いただいても結構です。ご注文時のご要望欄などにお書きいただいた場合は、制作担当よりご対応可能か否かのご連絡をスケジュールとご準備に関するご案内メールと合わせてお送りをさせていただいます。(ご注文後このタイミングでお作りできない事が判明した場合は、キャンセル料は無料とさせていただきます)

【ポイント】

①会場からの注意事項は制作開始までに忘れずに伝えよう!!

最後に

良いプロフィールムービーを作るポイントは自己満足の内容にしないこと。

あくまでゲストの方々に見てもらう見てもらうことを忘れずに、写真選びやコメントを考えたりなど準備を進めていってほしいです。(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする