プロフィールムービー制作時の大切なポイント

誰かを感動させるときに大事なのは、観る人が共感できる「物語~ストーリー」であると言えます。

何組ものムービーを見比べていると、感動するムービー、共感させるムービーには、やはり共通する点があります。

定番だからこそ、感動的なプロフィールムービーを作ってみたくありませんか?

Point1.コメントでより楽しめるものに!

例えば、「七五三」の写真を使うとします。

雰囲気や服装から大体「ああ、七五三の写真だな」ということはわかりますので、「七五三の写真」などの説明は避け、当時のエピソードや一緒に写っている家族へのメッセージをはさむのがおススメ。

例えば「お母さんの着物姿きれいだったね」とか「天国のお祖父ちゃん見てますか」など。
ゲストに来ている方などに語りかけるような感じでコメントできるといいですね!

また長文と句読点は避け、なるべく普段に近いような言葉使いにしましょう。観ている人のビデオへの集中力と共感が高まりますよ。

POINT:写真の説明ではなくエピソードや語りかけを大切にしよう!

Point2.マイナスエピソードを活かす

受験や仕事上での失敗があったことなどもエピソードの一つとして紹介するのもあり!

もちろんただの失敗話じゃダメ!
そこから得たものや学んだことなどをセットにするといいでしょう。

敢えて失敗したことも隠さず伝えることで、心を開いてくれている感も出ますし、失敗を成長につなげることができるという点も好印象を盛ってもらうことができると思います。

「たいへんなことを乗り越えて、今日はここでふたりがついに式を挙げるんだなあ」と、ご家族はじめゲストも皆感慨深い思いをしてくれるでしょう。

プロフィールムービーは新郎新婦の自己紹介ムービーです。
何でも包み隠さず話すことで自分たちをより知ってもらいより信頼してもらえるような存在となるように工夫をしたいですね!

POINT:失敗も包み隠さず話してより人間性を理解してもらおう!

Point3.後半にちょうどクライマックスが来るようなムービーに合った曲選び

プリンセスネットのHP上には沢山のサンプルムービーがありますが、試しに一度音を消して観てください。

そして次にもう一度音ありで観てみてください。

いかがでしょう?音楽が、感動的なムービーにとっていかに大切なものであるかお分りになると思います。

弊社プリンセスネットでは、isum楽曲(isumに登録済みの市販楽曲)、著作権フリー楽曲など多くの楽曲がご利用いただけます。

またある特定の部分のみ使用するなどの細かい指定もOKです。(例:楽曲の〇〇分〇〇秒から△△分△△秒までを使用)

思い出の楽曲や結婚式全体のテーマに沿った楽曲を使用すれば、通常の2倍にも3倍にも楽しめる感動できるムービーに仕上げることができます!

気になる方はまずは弊社公式ホームページより楽曲を視聴してみてはいかがですか?

その他楽曲に関するご質問などもお承りしております。

せっかく作る結婚式ムービーなんだから、写真・コメント・音楽にこだわって自分たちらしいムービーになるようこだわって作りましょう!

皆様の素晴らしいウェディングのお手伝いをさせて頂ければ嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする