DVDの仕様・形式

DVDの基本設定

弊社では、一般家庭のDVDプレイヤーや会場のプロジェクターで問題なく上映ができるよう、予め会場で上映する際に頂く注意点に則り、以下の様な仕様・形式にてDVDを制作させていただいております。

式場より予め持ち込みDVDの納品形態に関する注意説明を受けているお客様は、制作開始前に担当までその内容をお知らせ下さい。(可能な範囲で対応をさせて頂きます)

ディスク形態

DVD-R/BD-R(いずれも国産品を使用)

オーサリング形式

DVD-Video形式/BD-Video形式

アスペクト比(画面比率)

4:3/16:9(2種類から選択可能)

映像方式・リージョンコード

NTSC方式(リージョンフリー) ※NTSC対応であれば海外でも再生可能です

映像の収録方法と開始方法

画面範囲

会場のプロジェクターで表示をさせた場合に、パソコンの画面いっぱいに文字や写真を配置させると見切れてしまうという式場様が多いため、弊社では予めタイトル及びコメントが画面全体の80%以内に収まるよう制作致します。

画面範囲

再生前後にブランク画面

再生開始と終了の前後に10秒間のブランク画面(黒or白)を挿入致します。

ブランク画面

リピート再生不可

映像終了後はメニュー画面に戻ります。

無料サンプルDVDのお申し込みはこちらから

お電話でのお問い合わせ 0120-928-847

ページトップへ