「プロフィールムービー/BEGIN」変更可能な写真とコメント

変更可能な写真とコメント

■スタートパート

スタート1枚でお選びいただいたお写真がここに入り、実際の新郎新婦のお名前と挙式日が入ります。音楽も1曲目がスタート。

○写真選びのコツ

前撮り写真や旅行先など特別なお写真がおすすめ。(夜景、登山、ディズニーランド、海外旅行先など写真としてもわかりやすく、色鮮やかなお写真が特におすすめ)
映像の冒頭部分で一番映像全体のイメージにも残りやすいので、とっておきの1枚、特別な1枚を入れることでゲストからの評価もぐっと上がります!

■トップ挨拶文パート(不要な場合カットも可能)

生い立ち紹介前にゲストへのメッセージが出せるよう挨拶パートを設けました。(最大50文字までお好きな内容を表示可能)
もし変更する場合は、ムービー開始時点でのメッセージになるので、ゲストへの気遣いなどをポイントに文章を考えてみると良いかもしれませんね。

ここの場面のお写真は映像のイメージ写真となっているため、変更できません。(変更の場合は税別1,000円にてご対応)
※変更を希望する場合のみ、別途お写真をご準備ください。

■新郎生い立ちパート冒頭

新郎のお名前が入り、生い立ち紹介が始まります。(ローマ字で表示)

■新郎生い立ちパート(最大15シーン)

最大15シーンまで追加料金無しにお好きなお写真とコメント(30文字程度まで)の表示が可能です。
お選びいいただいたお写真が全面に表示され、画面中央下部分にコメントが表示されます。(コメントとお顔が重なってしまう場合は、コメント表示箇所を画面上段など顔と重ならない位置で表示させます。)
お写真を上下左右切れることの無いよう最大画面で表示をさせた場合で、左右に余白ができてしまう場合は、そのお写真にぼかしを入れたものを両端に表示をさせ余白を補います。

●ズーム指定機能が使用できます

写真の一部をズームアップしたい場合、ズーム指定機能が使えます。(無料)
当時の自分にスポットを当てたい場合は、ズームがおすすめ。(楽しいでいる表情をしっかりと映したいなど)写真全体の雰囲気を感じてもらいたい場合はズームなしで表示させると良いでしょう。(野球をしているシーンでその全体の雰囲気を感じてほしい場合など)

○写真選びのコツ

誰とどこでどんなことをして育ちましたというのが分かる写真がポイント。(写真はパット見で何をしている時の写真かがわかるものにしましょう)盛り上がり要素と感謝を伝える意味で招待したゲストとの写真を入れるのもおすすめです。

(例)
・両親や親族と一緒に写っている写真(家族旅行、バーベキュー、キャンプなど)
・兄弟と一緒に写っている写真(兄弟で遊んでいる風景、お祭りなど)
・家族旅行の写真(どこに行ったかわかるお写真)
・友達と映っている写真(当時仲良かった友達など)
・習い事等があればその写真(水泳、野球、習字など)
・七五三、運動会、行事系の写真
・部活、クラブ活動等の写真
・入学式、卒業式、修学旅行等の写真
・大学サークル等の写真
・成人式の写真
・旅行写真
etc…

○コメントのコツ

当時のエピソードや一緒に写真に写っている人へのメッセージなどを交えるとGOOD!(ただの写真の説明はNG!)

(例)
・週末はいつも家族でお出かけ 色々な所に連れてってくれて本当に楽しかった
・成人式 今まで大事に育ててくれてありがとう
・今でも大親友の〇〇 これからもずっとずっとよろしくね!
・念願の甲子園出場!1回戦で負けてしまったけど、最高の仲間に出会えた!!
etc…

■新婦生い立ちパート冒頭

新郎のお名前が入り、生い立ち紹介が始まります。(ローマ字で表示)

■新婦生い立ちパート(最大15シーン)

新郎の生い立ちパート同様、最大15シーンまで追加料金無しにお好きなお写真とコメント(30文字程度まで)の表示が可能です。
当時の髪型や服装、おもちゃ遊びでのシーンなど女の子ならではの写真が入っていると新郎の生い立ちシーンとの差別化が図れるでしょう。

■二人馴れ初めパート冒頭

新郎新婦のお名前が入り、馴れ初め紹介が始まります。(ローマ字で表示)
2曲構成の場合、ここから2曲目が始まります。

■二人馴れ初めパート(最大15シーン)

最大15シーンまで追加料金無しにお好きなお写真とコメント(30文字程度まで)の表示が可能です。

○写真選びのコツ

二人の顔写真ばかりでなく、はしゃいでいるシーンや夕焼けをバックに映る二人や婚約指輪など連続して同じような写真が続かないよう特徴的な写真を挟んだりするとGOOD!(黒背景でも文字だけのシーンを入れてもOK)
二人のアップの顔写真ばかりがずっと出てくると、ゲストもちょっと飽きてしまうことも…。雰囲気の違う写真を要所要所に挟むことで映像全体としてのメリハリを生み、ゲストにも最後まで楽しく見てもらうことができます。

○コメントのコツ

二人が出逢ってからどのように愛を育んでこられたのかを大切なゲストに報告しましょう。
「いつ出逢ったのか」「どのように出逢ったのか」「どんなところが好きなのか」「何をきっかけに付き合うようになったのか」「これからどんなふうにしていきたいのか」など、「どんな二人なの?」「なんで二人は結婚することになったの?」ということがわかるような内容にするとより二人のことを知ってもらえるような内容になりますよ。

■ラスト挨拶文パート(不要な場合カットも可能)

二人の馴れ初めパートが終わると、ムービー最後にもう1度挨拶文パートが登場します。(最大50文字までお好きな内容を表示可能)
「ゆっくりとお寛ぎください」「最後まで楽しんでいってください」など今一度ゲストに対する二人からの想いを伝えましょう。

ここの場面のお写真は映像のイメージ写真となっているため、変更できません。(変更の場合は、税別1,000円にてご対応)
※変更を希望する場合のみ、別途お写真をご準備ください。

■ラスト

「to be conotinued」の文字とともに映像は終了です。

【プロフィールムービー『BEGIN』詳細ページ】
https://www.princess-net.com/products/detail.php?product_id=164

【その他のプロフィールムービー】
https://www.princess-net.com/products/list.php?category_id=8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする