(プロが教える)現像写真をデータ化する方法

プリンセスネットに写真を送れば無料でデータ化してくれますが、「どうしても写真を送りたくない」「送ると時間が間に合わないのでなんとか全てデータで送りたい」などの方のために、本日はご自身で写真をデータ化する方法をおすすめ順に4つお教えしたいと思います。

まずはじめに

現像写真をデータ化する際に、スマホのカメラ機能を使ってデータ化する方法はお控えください。解像度が低く荒い写真となってしまう他、ご自身の映り込みや光の反射などこちらの加工で取り切れない写真となってしまう可能性が高いため、当社では推奨しておりません。

写真をデータ化する場合は、下記の4つの方法で行ってみましょう。
ちなみに、今回はおすすめしている順番に記載をさせていただきました。

①自宅のスキャナでデータ化

ご自宅のスキャナを使用してデータ化する方法です。

下記設定でスキャンしてください。※お使いの機種により表記が異なる場合がございます。
(写真は1ずつスキャンしてください)

【スキャンする際の設定】

  • 保存形式:JPEG
  • 解像度:300dpi以上、もしくは高画質(ファイン)設定

②カメラのキタムラなど写真屋さんに持ち込んでデータ化

(引用元)http://www.kitamura.co.jp/(カメラのキタムラHPより)

カメラのキタムラなどの店頭においてあるプリントサービス用の端末を利用してデータ化する方法です。

現像写真を持ち込むだけで簡単にデータ化が可能です。

「紙・写真をCDにデータ保存」サービス(基本料500円+1枚50円)でデータ化が可能。(所要時間:約1時間)

パソコンを持っていない場合は、更に「紙・写真をCDにデータ保存」サービス(1枚目500円、2枚目以降100円)を利用することで、スマートフォンに画像データを取得できるので、写真データの提出をスマートフォンでお考えの方には非常に便利です。(所要時間:最短5分)

【スキャンする際の設定】

  • 保存形式:JPEG
  • 解像度:300dpi

③コンビニ設置のコピー機でデータ化

(引用元)https://mainichi.jp/articles/20170905/k00/00m/020/131000c

全国のセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなど大手コンビニチェーンに常備設置してあるコピー機のスキャン機能を使用してデータ化する方法です。
(写真は1枚ずつスキャンしてください)

24時間作業が可能で1枚あたり30円でデータ化が可能です。

【スキャンする際の設定】

  • 保存形式:JPEG
  • サイズ:写真L版
  • 解像度:300dpi以上、もしくは高画質(ファイン)設定

★特にセブンイレブンがおすすめ★
店内のWi-fiを使ってデータを直接スマートフォンに取り込めるため、データ取り込み後の提出が非常に簡単です。(ファミリーマートやローソン等の場合は持参したUSBに入れる形になるので、その後郵送する必要が出てくることも…)

操作方法はこちら

④スマホアプリでデータ化

無料アプリの「フォトスキャン by googleフォト」を使用してデータ化する方法です。

【注意】
ご自宅で簡単にデータ化できるアプリではあるものの、ピンボケしたり写真の反射や光が入りやすい上、解像度が低いキレイなデータになりにくいため、当社ではあまり推奨しておりません。(あくまで最終手段と言ったところで捉えていただくとよろしいかと思います)

【手順】

  1. アプリをダウンロードする
  2. アプリの手順に従って、4つの白丸をなぞる
  3. 出来上がり

【ダウンロード先】フォトスキャン by Google フォト

※上記のアプリは弊社サービスではございませんので、トラブルに関しての責任は負いかねます。お客様ご自身で判断の上、ダウンロードください。
また、アプリの使用方法等のご案内もいたしかねますので予めご了承ください。

プリンセスネットのプロフィールムービーはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする