おしゃれに演出!結婚式テーブルコーディネート大研究

披露宴会場の印象を左右するのが、まさにテーブルコーディネート! 食器やクロス、装花などそれぞれの組み合わせでガラリと雰囲気が変わるので、想像を膨らませてイメージを考えるのが楽しい分、あれもこれもとついつい欲張りになりがち……。そこで今回は自分流のこだわりを見つけるためにも、ステキなアイデアとコーデポイントをご紹介したいと思います。

まるでプリンセス!キュートな雰囲気を演出するには?

洋館風のゲストハウスやレストランに似合いそうな、華やかでまるでマリーアントワネットを思わせるコーディネート。メインとなるカラーはやはり「ピンク」で、テーブルクロスや食器、小物類もピンクを基調としたコーディネートに!また、色の強弱をつけるためにも、どのようなピンクを使用するかで雰囲気も異なります。パステルカラーは柔らかい印象になる反面、ビビットはより華やかさが強調されます。装花のシルエットもラウンド型で丸みを帯びたものを選ぶとよりキュートさが増します。ピンクに白の組み合わせると王道的で清楚な雰囲気にまとまりますが、逆にペパーミントグリーンのクロスなどでアクセントをつけるのもステキですね!

スッキリ魅せる!スタイリッシュな空間を作るには?

まるで海外のオシャレな結婚式のような、モダンで品のある雰囲気をイメージするコーディネート。白を基調にしたシンプルかつデザイン性の高い小物で演出すれば、ワンランク上の洗練されたラグジュアリーなものに!装花は白にグリーンというシンプルなデザインで、フラワーベースにはクリスタル感あふれるものをチョイスすればよりモダンな印象に。その他、シャンデリアやキャンドルトレイなどにクリアでキラキラ輝くアイテムを使うと相性抜群です!天井が高い会場や屋外のガーデンウェディングなど、高さを演出できる会場であればより雰囲気にピッタリした演出になります。

ちょっぴり上級者向け?エレガントを演出するコーディネートなら

品格を感じさせる、きらびやかで貴族っぽいイメージのコーディネートは伝統的でクラシカルな会場とよくマッチします。食器やクロス類などはシンプルに白をメインカラーとしますが、小物類はゴールドやシルバーできらびやかなものをチョイス。装花も薔薇など華やかでボリュームがあるものを飾ることで、より重厚な空間となります。繊細なアンティーク小物をふんだんに使い、まるでフランスのロココ時代のような豪華でエレガントな雰囲気に!長テーブルの中央に白やゴールドなどのロングキャンドルや装花をセッティングすれば、より高貴な食卓スタイルの出来上がりです。

今はさまざまなウェディングスタイルが選べるので、それぞれの会場の雰囲気や規模によって、まず全体の方向性を決めることが先決かもしれませんね。お二人にとって特別な日だからこそ、ひとつひとつのアイテムにこだわりのつまったものを選び、自分流のウェディングを見つけてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする