【お役立ちガイド】 引き出物

結婚式の3ヶ月前から品物選びを始めるようにしましょう!
二人だけで決めるのではなく、親の意見を聞くことも大切です。 招待客の喜ぶ顔を想像すれば、品物選びの苦労も吹き飛ぶはず!

引き出物 予算はどのくらい?

品数は2~3品、予算は5,000円前後が一般的なようです。

引き出物と引き菓子は、披露宴に来て頂いた方へ、感謝とお礼の気持ちを込めて贈るものです。品数は2~3品というのが一般的で、1名あたりの金額は4,000円~6,000円が多いようです。引き出物は地方によって慣習が違うので、出身地が異なる場合は、ご両親に相談したり、地元のしきたりに詳しい人に聞くとよいでしょう。

引き出物を選ぶ時のチェックポイント
趣味や嗜好に偏ったものではないか
招待客に喜ばれる品物か
重なっても困らないものか
二人のオリジナルをアピールできているか
親の意向を汲んだものか

グラスや刃物などのタブーも今は昔

かつては、グラスなどの割れ物は仲が壊れる、刃物は縁が切れる、に通じるとして引き出物にはタブーとされてきました。しかし、最近ではあまり気にしなくなっているようです。オシャレなペアグラスや焼酎グラスなどもたくさん出ています。友人には、かわいいグラス、年配の方には、湯のみなど列席者の年齢層にあわせて、種類を変えるのもよいでしょう。

引き出物選びのスケジュール
3ヵ月前
 
 
 
2ヵ月前
 
1ヵ月前
 
 
2週間前~前日
 
品物や1名あたりの予算を決定
下見をする
会場に持込料について聞いておく
 
品物の候補をしぼり、親にも相談する
 
品物を決定し、発注する
自分達でラッピングする場合は、包装資材を揃え、ラッピングする
 
持込の場合は、搬入期日や場所を確認し、業者に伝える
確実に届いているかどうか、会場側に確認する
ポイント

引き出物を結婚式場などに持ち込みの場合は、持込料・保管料が ¥300~500円/1個かかります。

ホテルや式場が契約している業者でも購入できるので、両親などとよく相談して決めることをお勧めします。打ち合わせの中で、引き出物のパンフレットを何冊がもらえると思います。 オシャレな引き菓子や引き出物などもたくさん載っているので、迷ってしまいますが、たいへんと思わずに、楽しみながら決めましょう♪

無料サンプルDVDのお申し込みはこちらから

お電話でのお問い合わせ 0120-928-847

ページトップへ