【お役立ちガイド】 その他の疑問

六輝とは

六輝とは、六輝とは、太陰暦(旧暦)で吉凶を定めるための基準となる六つの星のこと。
六輝は、旧暦の一月一日から星のひとつである「先勝」から始まり、「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の六輝が順に配されています。六日間で一巡するこの六曜思想は、中国の「時占い」が縁起と結びついたものと言われています。日本には鎌倉時代に伝えられたといわれ、以来、冠婚葬祭の場合は、この六輝を目安に日取りを決めることが多い。

六輝の意味
大安 たいあん 一日中、吉。大いに安しの意味。
旅立ち・移転・開店・結婚など、万事に良いとされる大吉日。
友引 ともびき 午前中と夕方は吉、正午のみ凶。凶事が友に及ぶという意味。特に葬式を忌みますが、「友を引く」として結婚式には喜ばれる。本来は、何をしても勝負がつかないとされる日。
先勝 さきがち
(せんしょう)
午前中は吉、午後は凶。先んずれば勝つという意味。急ぐことが吉とされる日。急用や訴訟によい日。
先負 さきまけ
(せんぷ)
午前中は凶、午後は吉。
先んずれば負けるという意味。
何ごとも控えめにすることが吉。
急用・争い事を避け、静かに待つのがよい日。
赤口 しゃっこう
(しゃっく)
正午のみ吉。午前・午後は凶。
赤口神という鬼神が人々を悩ます日。
赤口神が休むという午の刻だけは吉。
特に、祝い事には大凶とされ、「赤」から火や血の連想で、火の元や怪我に注意する日。
仏滅 ぶつめつ すべて凶。仏も滅するような最悪の日という意味。特に勝負事と取り引きに悪い日。古くは「物滅」と表記していて、仏教とは関係ない。

大安、友引、仏滅など六輝が気にしなくてもいい?

個人的には、悪いお日柄(例えば仏滅)でも気にする必要はないと思ってます。
これらの吉凶占いは人為的に作られたもので、科学的根拠はまったくありません。
ただ、婚約や挙式をはじめとして、披露宴への招待状や婚姻届を出す日まで、縁起を重んじる人は現在でも少なくありません。おふたりが気にしなくても、ご両親やご親戚が気にすることもあると思います。 そんな時は、ご両親やご親戚の意見を尊重する方が無難です。とにもかくにも、みんなが納得できるお日取りを選ぶのが一番だと思います。

ブライダルフェアには行くべき?

会場をチェックするのにオススメしたいのが、ブライダルフェアです。 ブライダルフェアでは、模擬挙式や模擬披露宴、婚礼衣装のファッションショー、コーディネイトされた会場の展示、料理の試食、衣装試着会など様々なイベントが行われ、通常の日に下見に行くよりも、より具体的な情報が得られます。 模擬挙式や模擬披露宴は、臨場感たっぷりで、挙式や披露宴の様子もよくわかるので、是非見学してみてください。 衣装の試着会では、簡単なヘアメイクをしてくれたり、インスタント写真をプレゼントしてくれたりと嬉しいサービスを行っているところもあります。 ホテルや式場の宴会場は、パーティーがないときには、飾りつけもなく殺風景な状態です。 通常の日に下見に行くと、そんなガラーンとした宴会場しか見ることができません。 さらに、フェア当日に成約すると料金の割引サービスを実施している会場もあります。 是非、ブライダルフェアには足を運んで見てください☆

衣装、引き出物、ビデオの持ち込み料

ウェディングドレス 2万円
和装
3万円
新郎タキシード 1万円
引き出物 300~500円

※上記の金額はあくまで参考になります。
持込料は、式場やホテルにより若干ことなりますので各自お確かめ下さい。

無料サンプルDVDのお申し込みはこちらから

お電話でのお問い合わせ 0120-928-847

ページトップへ