プロフィールムービーで結婚式を華やかに演出します

  •  0120-928-847
    (営業時間) 平日10:00~19:00 土曜10:00~17:00
    (定休日)  日・祝日(大型連休含む)

素材準備マニュアル

準備すべき内容を確認しよう

まず最終的に準備が必要な素材は以下のとおりです。

  • お写真
  • お客様情報シート
  • 制作シート(コメントシート)
  • 楽曲CD(原盤) ※市販楽曲への変更時のみ

(STEP1)写真の準備

1.必要な枚数を確認しよう

必要な写真枚数は、ホームページ内の「商品ページの詳細情報」または「STEP2-1で説明している制作シート(コメントシート)」にて記載をしております。まずは枚数を確認し、どのような写真を何枚準備しないといけないかを把握しましょう。

2.写真を選ぼう

写真は「現像写真」「写真データ」「アルバム写真」などが使用可能です。「チェキ」「プリクラ」も使用可能ですが、サイズが小さいため極端に画質が悪くなる恐れがありますので、あまりオススメはしておりません。

写真選びのポイント

  • 背景などシーンがわかりやすい写真を選びましょう。(極端なアップや見切れている写真は避けましょう)
  • できるだけ明るめの写真を選びましょう(あまりに暗い写真の場合は、明るさ補正で加工しきれないケースがあります)
  • 縦より横写真がオススメ(横長のムービーに入れるので横写真のが大きく映し出されるため)
<スタッフよりアドバイス>
写真を選ぶ際には、制作する商品のサンプルムービーを見ながら考えると選びやすいです。どの位置にどの写真が出てくるのかなどを見ながらバランス良く写真を選んでいきましょう♪
写真選びのコツ(プロフィール編)

3.写真に番号を付けよう

選んだ写真に番号を振っていきましょう。

現像写真・アルバム写真の場合
写真の裏に付箋(ふせん)で番号を記入し、ふせんは剥がれないように写真からはみ出さないように貼りましょう。
※写真が傷んでしまうので、表面にふせんを貼ったり、裏面に直接番号を書いたりしないでね!
データ写真の場合
ファイル名を番号にして、フォルダ毎(オープニング・プロフィールなど)に分けて保存しましょう。
※推奨サイズ:横幅2000px以上(350 万画素相当)
<スタッフよりアドバイス>
写真のフォルダー名や番号をわかりやすく記入して頂けているお客様を見つけると、ついつい制作している私達もハッピーになります ♥

4.写真をまとめよう

写真全てに番号を付けたら、商品ごとに写真を分けましょう。(現像写真・アルバム写真のみ)

「制作キットを郵送」でご注文された方
制作キット内に写真用封筒が同封されているので、その封筒に順番どおり入れていきましょう。
写真をすべて入れ終えたら、雨で濡れないようにキット内に同封されている写真用ビニール袋にまとめて入れましょう。
「制作キットをダウンロード」でご注文された方
封筒など入れ物を各自用意して、オープニング用・プロフィール用などに分けて写真をそれぞれ入れましょう。
万が一に備えて、雨対策のビニール袋(ジップロック的なもの)に入れると尚良いでしょう。
<スタッフよりアドバイス>
特に大きいアルバムや封筒に入らないような大きな写真を送る時は、そのままでは運送時に痛みやすいので、緩衝材(プチプチや厚紙など)に包んでお送り頂くとなおGOODです!

Q&A写真について

(STEP2)テキスト素材の準備

1.必要なテキスト素材を揃えよう

「制作キットを郵送」でご注文された方
制作キット内に「お客様情報シート」「制作シート(コメントシート)」が同封されているので、取り出しましょう。
「制作キットをダウンロード」でご注文された方
演出DVD制作シート(ダウンロード用)にアクセスをして、「お客様情報シート」「制作シート(コメントシート)」をそれぞれ1枚ずつダウンロードしましょう。
<スタッフよりアドバイス>
ダウンロードを利用で複数注文の場合は、お客様情報シート1枚、制作シートを注文の数だけダウンロードしてね!
例)プロフィール/ファンタジーとエンドロール/ベーシックを注文の場合
お客様情報シート1枚、ファンタジー制作シート1枚、ベーシック制作シート1枚

2.それぞれの用紙に記入しよう

それでは用紙に記入していきましょう。(ダウンロードの方はそのままPCで編集して、データで送ってもOK!)
コメントを考えるコツはゲストに楽しんでもらえるようにと心がけることです。少しぐらいオーバーぐらいが丁度いいくらいの心構えで気楽に考えてみましょう♪

ちなみに...楽曲の歌詞引用は著作法上NGなので避けましょう。

ポイント解説

プロフィールムービーのコメントって?
かたい言い回しよりも普段の言葉遣いの方が気持ちが伝わりやすいです。
(例)一言日記のように「この頃のあだ名は「まるこめ」、かなりぽっちゃりでした・・・汗」
(例).誰かに対するメッセージのように「また一緒に飲みに行こうね ♥ 」
エンドロールの順番は?
基本的に席順通りでいいかと思います。(例:主賓→上司・恩師→先輩→友人→親族→両親)
他にも新郎と新婦で分けたり、あいうえお順にされる方もいらっしゃいますよ。
家族に「様」はいるの?
一般的に「つけない」とされています。ただ、家族を主催者側でなくゲストとして位置づける場合は付けてもOKです♪
<スタッフよりアドバイス>
昔から結婚式で縁起の悪いとされているワードとして忌み言葉と言うものが存在します。例えば「。」「、」の他「忙しい、忘れる、切る」などがその例です。制作する際には文脈が壊れない程度にで別の言葉に代用して表示します。
ひらがなへ変換する漢字:亡、忙しい、忘れる、切る、別れ、流れる、帰る、終わる、嫌い、絶えない、再び、割る、離れる、負ける、お陰
代用となる単語:お忙しい中 → ご多用の中、去年→ 昨年

Q&A文字・コメントについて

(STEP3)音楽の準備

1.必要な曲数を確認しよう

制作シート(コメントシート)の音楽をご指定くださいの欄にお選びいただく曲数を記載しております。またはホームページの商品ページ商品詳細部分でも確認ができるようになっております。

2.音楽を選ぼう

変更なし(サンプル楽曲のまま)
制作シート「楽曲を指定する欄」に「サンプルのままで」と記入しましょう。
無料楽曲を利用する
無料楽曲リストより希望の楽曲を選んで、制作シート「楽曲を指定する欄」に記入しましょう。
(記入例)アーティスト名:空白 曲名:ポップ30
市販の楽曲を利用する(有名アーティストなど)
ご利用料金など事前に確認して頂きたい事項が幾つかありますので、楽曲変更をご検討のお客様へを確認しましょう。
<スタッフよりアドバイス>
今一イメージが付きづらいという場合は、サンプルムービーの音を消して、曲の再生と同時にサンプルムービーと同時再生させて音合わせをすれば、より雰囲気が掴みやすいですよ♪

Q&A音楽について

(STEP4)素材を送ろう

郵送の場合

ご自身で封筒もしくはダンボールをご準備いただき、全ての素材を1つにまとめ、スケジュールの素材到着予定日までにプリンセスネットに到着するようお送りください。
(制作キットを郵送でご注文頂いたお客様はキット内の返信用封筒をご利用ください)

<スタッフよりアドバイス>
  1. 発送の際の傷や破損などの補償は出来かねますので、トラブル回避のため、追跡番号等運送状況の確認が取れる発送方法を利用するようにしましょう♪
    (佐川orヤマト急便普通便、ゆうパックなど) ※送料はお客様にてご負担ください。
  2. 音楽CDなどを発送する際は、非常に割れやすいので緩衝材(プチプチなど)を利用するようにしましょう♪
    (ワレモノ扱いで送るのもポイント!)
  3. メモリーカードをなどを送る場合は、紛失したり浸水しないように、ケースに入れて送ってもらえると嬉しいです♪

データの場合

1~2枚程度写真を送りたい場合(小容量)
メールに添付してお送りください。(最大20MBまで受取り可能)
うまく送れない場合は、上限を超えないように小分けにしてお送りください。
(原因はお客様の契約しているプロバイダーのメール容量を超えてしまっている可能性が高いため)
-スマートフォンから送る場合-
必ずどこの写真に使用する画像なのかを記載するようにしましょう。
写真や制作シートなどまとめて数10枚送りたい場合(大容量) ※推奨
大容量データファイル転送サービス「ギガファイル便」をご利用ください。
    ギガファイル便の使い方 ※詳しくはこちら
  • 送りたいファイルを一つのフォルダに入れる
  • フォルダー上で右クリックを押して「送る」をクリック
  • 圧縮(zip形式)フォルダーを選択
  • ギガファイル便ページの「ファイルを選択」を押して、作ったzipファイルを選択
  • 送り先アドレスとメモを記入→送信ボタンで完了
<スタッフよりアドバイス>
メール転送の場合、お写真のサイズが大きければ1枚でも容量オーバーで送信できないこともあります。
データを送る時はなるべく大容量データファイル転送サービスを利用するようにしましょう♪

Q&A素材の発送について

最後に

素材到着の確認が取れましたらメールにてご連絡させて頂きます。
準備に時間がかかってしまってなどスケジュール通りに間に合いそうにない場合は担当者までご連絡ください。
再度スケジュール調整をさせて頂きます。