(プロが教える)現像写真をデータ化する方法

こんにちはプリンセスネットの飯田です。

昨今は結婚式ムービーの制作会社に写真を送る際は、現像物ではなくデータで送らないといけないケースも増えてきているかと思います。(プリンセスネットは違いますが…)

もちろんデータで送れれば「写真を郵送する作業が不要」「送料がかからない」「写真を汚される心配がない」などメリットもたくさんあると思います。

今回はそのような方々のために、現像写真のデータ化方法をおすすめ順にメリット・デメリットを含めた形でご紹介をしていきたいと思います。
ぜひご覧ください。

今回はあくまで現像写真をできるだけ解像度の高いキレイな状態で映像に使いたい方向けにご紹介をしたランキングです。

①自宅のスキャナでデータ化

ご自宅のスキャナを使用してデータ化する方法です。

下記設定でスキャンしてください。※お使いの機種により表記が異なる場合がございます。
(写真は1ずつスキャンしてください)

■スキャンする際の設定

  • 保存形式:JPEG
  • 解像度:300dpi以上、もしくは高画質(ファイン)設定
■おすすめ度
★★★★★
■メリット
・空いた時間でゆっくりとデータ化できる
・取り込んだデータに汚れや劣化がないかなどの確認ができる
■デメリット
保存形式や解像度などスキャンする前に設定を行う必要あり

こんな方におすすめ

・自宅にスキャナがある方
・パソコンの操作に不安がない方

②プリンセスネットなど制作会社でデータ化してもらう

制作会社に現像写真を郵送し、専用機材でデータ化してもらう方法です。
依頼会社によって、無料でデータ化してくれる会社もあれば、有料でデータ化するサービスを行っている会社もあります。

ちなみに…
プリンセスネットでは、無料でデータ化サービスを行っております。

またお預かりした写真については、最終的な完成品を発送する際に、一緒に同封してご返却しておりますので、安心してデータ化を依頼できます。
準備に関しての実際の郵送方法など詳しい内容については以下のページをご覧ください。
>>写真の郵送方法はこちら

■おすすめ度
★★★★(プリンセスネットでは星5)
■メリット
・使いたい写真をまとめて郵送するだけなので準備もラク
・専用端末でキレイな状態でデータ化してくれる
(赤目補正や暗い写真を明るくしたりなど多少の補正も無料 ※プリンセスネットの場合)
■デメリット
会社によっては有料なので、送る枚数が多いとそれだけお金がかかることも…
郵送する際に紛失するおそれがある
(発送は、ゆうパック・レターパックなど追跡番号付きの発送サービスがおすすめ)

こんな方におすすめ

・自宅にスキャナを持っていない方
・忙しくて自分で取り込む時間がない方
・シート類など郵送で送らないといけないものがある人

③カメラのキタムラなど写真屋さんに持ち込んでデータ化

(引用元)http://www.kitamura.co.jp/(カメラのキタムラHPより)

カメラのキタムラなどの店頭においてあるプリントサービス用の端末を利用してデータ化する方法です。

現像写真を持ち込むだけで簡単にデータ化が可能です。

「紙・写真をCDにデータ保存」サービス(基本料500円+1枚50円)でデータ化が可能。(所要時間:約1時間)

パソコンを持っていない場合は、更に「紙・写真をCDにデータ保存」サービス(1枚目500円、2枚目以降100円)を利用することで、スマートフォンに画像データを取得できるので、写真データの提出をスマートフォンでお考えの方には非常に便利です。(所要時間:最短5分)

■スキャンする際の設定

  • 保存形式:JPEG
  • 解像度:300dpi
■おすすめ度
★★★
■メリット
・持っていくだけでデータ化してくれるのでラク
■デメリット
・わざわざ店舗に行く必要がある(近くに店舗がない可能性も…)
・データ化するのにお金がかかる

③コンビニ設置のコピー機でデータ化

(引用元)https://mainichi.jp/articles/20170905/k00/00m/020/131000c

全国のセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなど大手コンビニチェーンに常備設置してあるコピー機のスキャン機能を使用してデータ化する方法です。
(写真は1枚ずつスキャンしてください)

24時間作業が可能で1枚あたり30円でデータ化が可能です。

【スキャンする際の設定】

  • 保存形式:JPEG
  • サイズ:写真L版
  • 解像度:300dpi以上、もしくは高画質(ファイン)設定

★特にセブンイレブンがおすすめ★
店内のWi-fiを使ってデータを直接スマートフォンに取り込めるため、データ取り込み後の提出が非常に簡単です。(ファミリーマートやローソン等の場合は持参したUSBに入れる形になるので、その後郵送する必要が出てくることも…)

操作方法はこちら

④スマホアプリでデータ化

無料アプリの「フォトスキャン by googleフォト」を使用してデータ化する方法です。

【注意】
ご自宅で簡単にデータ化できるアプリではあるものの、ピンボケしたり写真の反射や光が入りやすい上、解像度が低いキレイなデータになりにくいため、当社ではあまり推奨しておりません。(あくまで最終手段と言ったところで捉えていただくとよろしいかと思います)

【手順】

  1. アプリをダウンロードする
  2. アプリの手順に従って、4つの白丸をなぞる
  3. 出来上がり

【ダウンロード先】フォトスキャン by Google フォト

※上記のアプリは弊社サービスではございませんので、トラブルに関しての責任は負いかねます。お客様ご自身で判断の上、ダウンロードください。
また、アプリの使用方法等のご案内もいたしかねますので予めご了承ください。

最後に

データ化された写真の下がり具合などを加味してオススメ順に紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ご自身で写真をデータ化する場合の理由としては、写真を送りたくない(汚されたくない)、一部現像していないものがあるのですべてデータで送りたい、送料がもったいないなど様々な理由があると思います。

ご自身にあった形のデータ化方法を試していただき、ご準備がスムーズに進められるといいですね♪

注意点

スマホのカメラ機能を使ってデータ化する方法は、できるだけ避けましょう。
(データ化する際に写真にゆがみが生じてしまったり、ご自身が映り込んだり、光の反射が白く入ってしまったりと、データとしてそのまま使用できないケースが多いため)

プリンセスネットのプロフィールムービーはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする