結婚式ムービーの画面比率「アスペクト比」とは

こんにちは。結婚式ムービー制作のプリンセスネットです。

今日は結婚式ムービーを作成する中で、一番聞き覚えがない言葉かつ一番重要でもある画面比率(アスペクト比)についてお話をしたいと思います。 ※以下画面比率と呼びます

画面比率については正しく理解をした上で制作を行わないと後で取り返しがつかない自体に陥ることもあるので、正しく勉強をしていきましょう。

画面比率とは

画面比率(アスペクト比)というのは映像(映画、テレビ、動画)などにおける 縦横比のことをいい、メジャーなものとして「16:9(じゅうろくたいきゅう)」「4:3(よんたいさん)」の2つがあります。

現在のワイド液晶テレビが「16:9」、旧ブラウン管テレビの縦横比率が「4:3」と説明するとイメージしやすい方も多いかと…

画面比率が重要な理由

画面比率を間違ってしまうとちぐはぐな映像になってしまう

一般的に披露宴会場にて結婚式ムービーを上映する際には、会場に設置してあるプロジェクターを使って映像を映し出す形になりますが、会場によっては古いプロジェクターを長年使っている場合もあり、「4:3」のみに対応している場合などもまだまだあります。

また画面比率は一旦制作を始めてしまうと途中で変更ができないため、制作を行う場合は、必ず事前に会場に確認した上で制作を始めるようにしましょう。

厳密に言うと、途中での画面比率を変更すると、写真やコメントの縦横比率が無理やり変わるため、写真やコメントが縮んだり横に伸びたりして正常な表示ができない形になります。またこれらは後から微調整などが行えないため、結果的に後からの画面比率の変更はできないということになります。(ゼロから作り直す必要あり)

「16:9」を「4:3」に変更した場合の例

左右が縮むことで写真もコメントも歪んでしまっています(黒の範囲だけ縮んでる)

左右黒画面分だけカットされていて写真の左右が写っていない(黒の範囲がカットされている)

「4:3」を「16:9」に変更した場合の例

黒の部分だけ上下がカットされてしまっています

左右に引き伸ばされており映像が歪んでしまっています

画面比率を途中で変更したい場合は?

そのままの状態で上映しようとすると先程のようにうまく映りませんが、会場スタッフの方にプロジェクターの設定変更を依頼してみましょう。それぞれ黒帯が入る形にはなりますが、写真やコメントは歪むことなくキレイに表示されています。

<16:9 → 4:3>上下に黒帯が入ることで調整しています

<4:3 → 16:9>左右に黒帯が入ることで調整しています

「4:3」「16:9」どちらも対応可と言われたら?

どちらもOKな場合は「16:9」がおすすめです。

理由① 自宅のテレビで見やすいから

「16:9」で制作できれば、仮に結婚式後自宅のテレビで映像を見る機会が出てきた場合でも画面いっぱいに表示されるため映像も見やすいです。

また手紙ムービーなどご両親などへのプレゼントとして渡した場合にも違和感なく見ていただくことができます。

理由② コメントがたくさん入れやすい(若干)

「16:9」は「4:3」と比べて表示される横幅が広い分、写真を邪魔しない形でたくさんのコメントを横に並べることができます。

「16:9」の方が横にスペースが広くたくさんコメントを入れたい場合におすすめ

まとめ

自作する場合また制作を依頼する場合は、絶対に会場担当者に画面比率を確認した上で制作を始めてもらうようにしましょう。

また途中で気づいた場合は、プロジェクターの設定を行ってくれるのかどうかを会場スタッフさんに確認してみましょう。(出来ないと言われた場合は残念ながら…)

弊社プリンセスネットでも映像制作を行っております。

自作でお困りの方やコロナで急に式が決まったなどでもご対応可能ですので、そのような場合はご相談いただけると幸いです。

一生に一度の結婚式。ゲストも自分たちも楽しめるような最高の1日にできるよう日々準備を進めていきましょう!

by プリンセスネット編集部
結婚式の準備は始めてということもあり何かと時間がかかるものです。
特にムービーに関しては、自作の場合は時間、依頼する場合はお金がかかります。
後々気づいて真っ青なんてことにならないようにポイントを抑えた上で準備を始めていきたいものですね!

オープニングムービー/BEGIN(color)

プロフィールムービー/LIFE

オープニングムービー/ミニョン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする