【初心者向け】楽しんでもらえるプロフィールムービーのコメントとは(例文あり)

こんにちは、結婚式ムービーのプリンセスネットです。

結婚式の演出ではもはや定番のプロフィールムービーですが、それぞれの歩んできた軌跡をたどることで、育ててくれた両親はもちろん支えてくれた多くの人への感謝の想いを伝える良い機会にもなります。しかし、ムービー作りの中でも気になるのが映像に添えるコメントの中身。文章として美しいことはもちろん、誰にとっても見やすく楽しめるものとなると、意外に難しいもの。そこで今回は、意外につまずきがちなムービーコメントの作り方についてご紹介します。

これはNG!ムービーに使ってはいけない表現

結婚式はフォーマルなお祝いの場であるため、身に付けるものひとつとってもちゃんとした決まりがあり、ある程度のルールに則って執り行われるものです。そういった意味でも披露宴で流される結婚式のプロフィールムービーも、注意すべき点がいくつかあります。

句読点を使用しない

映像に入れるコメントには句読点を使用しないのが一般的なルールです。これらは「切れる」や「終わり」などの意味を持つためお祝いの場にはふさわしくないとされています。よって「、(読点)」はスペースを使用し、「。(句点)」は入れないようにしましょう。

忌み言葉には気をつけよう

忌み言葉と言って昔から縁起が悪いとされる言葉や漢字があります。
最近ではそこまで口うるさくはありませんが、ご年配方が多く出席するような式の場合には
予めこれらの言葉を避けて制作を行ったほうが無難でしょう。
(絶対に使ってはいけないというわけではありません。ただ縁起が悪いので避けましょうといいった流れがあるのが事実)

「別れ」や「不幸」を連想させる言葉はまずNGですので、「離れる」や「消える」などのネガティブな言葉遣いには言い換えを用いてコメントを作りましょう。また「くれぐれも」、「益々」という重ね言葉も「繰り返す」という意味を持つため忌み言葉のひとつとされています。「お忙しいところ」という表現も「亡」の字がNGのため、「おいそがしいところ」というようにひらがなに直したり、また別の表現に変更したりすると良いでしょう。

結婚式で避けたい忌み言葉(一部抜粋)
同じことを繰り返す重ね言葉 次々、度々、重々、皆々様、いろいろ、たまたま、いよいよ、またまた、なおまた、重ね重ね、かえすがえす、くれぐれも
再婚を連想させる言葉 戻る、戻す、繰り返し、再び、二度、再三
別れを連想させる言葉 別れる、切る、離婚、離縁、帰る、破れる、割れる、飽きる、捨てる、冷える、冷める、忙しい、裂ける、嫌い、浅い、ほどける、壊れる
不幸・不吉・死を連想させる言葉 おしまい、終わる、死ぬ、倒れる、消す、滅びる、亡くす、無くす、流れる、枯れる、散る、去る、悪い、忌み、ご生存中、生きている頃、破れる、病気、悲しむ、相次いで、四、九、4、9

その他ふさわしくない言葉

上記の縁起の悪い表現以外にも、一般的にいっても形式的な場にそぐわない言葉はたくさんあります。口語として「やばい」、「うざい」などあまり美しくない言葉を普段使用しているケースはありますが、コメントでの使用は控えましょう。その他「頼りない」、「頑固」などの表現も悪いイメージを植え付けてしまうため使わないように気を付けてください。

ゲストが楽しめるコメントとは?

披露宴は小さなお子さんからお年寄りまで年齢層もかなり幅広いため、ゲストの皆さんに見やすく楽しんでいただけるムービー作りが必要になってきます。自分たちの好みももちろん大切ですが、色々と視点を変えて見てみるのもとても大切です。

読みゃすくわかりやすい内容に

まずは「フォント・書体」について。細めでおしゃれな書体を使いたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、テレビで見る分にはこれでも十分でしょう。

ただ、会場で流すといった事を考慮すると話は別です。大きなモニターに映した場合、画面も予想以上に見えづらく、100名以上が入る会場で遠くの席の人からでもしっかりと見れるようにと言う事を考えると、あまり細かな字やフォントは避けたほうがいいと思います。
前の人だけが笑っていて、後ろの方にいる両親などが全く見えなかったという結果になっては悲しいので…^^;

なので、見やすさを考えれば太めで馴染みのある一般的な書体のものをオススメします。

逆に今多くなってきている若い年齢層の方が多いパーティー型のウェディングなどであれば、そこまで太さなどを気にせずにオシャレフォントなどお好きな書体にアレンジして自分らしさを出すのもありかと思います。

背景に色を添えることでコメントが見やすい

縁に色を添える加工でより文字がくっきり見える

エピソードを加えて思い出を共有しよう

写真をわかりやすく伝えたいからと言って、端的にその状況説明だけを繰り返してしまう方がいらっしゃいます。例えば以下のようなのが典型的な例です。

・誕生日ケーキの写真では「3歳の誕生日」
・成人式の写真では「20才の成人式」

確かに端的でわかりやすいです。
ただ、見ている側からしたらどうでしょう。正直言って何の面白みもありません。
だって見たそのままだからです。

ではゲストを楽しませるプロフィールムービーを作るにはどうしたらいいのでしょうか?

(例題)運動会の時のコメントを例に考えてみましょう。

■良くない例
小学校の運動会
■良い例
リレーでごぼう抜きの大活躍!その日からあだ名はヒーローになりました(笑)

どうでしょうか?

下のほうが色々な事が伝わってきませんか?
運動会も楽しめたし、クラスのみんなとも仲が良かった。いい思い出が作れたことやまた足も速かったことまでも伝わってきます。

せっかく大切な方々を招待してお披露目するムービーなのですから、写真だけでは伝わらない思い出やエピソードを混ぜながら紹介できるとより自分らしいプロフィールムービーに仕上げることができると思いますよ。

コメント例文の紹介

誕生〜乳児期のコメント例文

誕生から乳児期にかけては、親族にとっては昔を懐かしむ感動のシーンと共に、披露宴の友人ゲストなどの方にとっては初めて見るあなたの一面を紹介する機会にもなります。誕生した際の秘話、昔大好きだったもの、懐かしい思い出など改めて皆さんに伝えたい内容をメッセージに添えましょう。

「プロフィールムービー/ペールカラー」より

新郎の誕生〜乳児期

■例文
・1990年11月1日 佐藤家の次男として誕生
・オックスフォードにてお母さんが大好きな泣き虫っ子でした
・いつも優しかったお父さん
・どんなときも子供優先でいてくれたお母さん
・そんな2人が僕は大好きでした
・この頃は可愛いと近所で有名でした
・人生で一番持てたピークでした
・やっと歩けるようになって満面の笑み
・いつもお兄ちゃんのまねばかりしてました
・とにかくやんちゃでわんぱくでした

新婦の誕生〜乳児期

■例文
・1995年10月5日 高畑家の長女として誕生
・音楽教師の両親の元に生まれました
・小さい頃は とにかく甘えん坊でした
・おてんばではずかしがり屋さんでした
・ミルクが大好き たくさん食べて大きくなりました
・パパの肩車が大のお気に入り
・4姉妹の末っ子として育った私
・おじいちゃんとおばあちゃんが大好きでした
・祖父母に可愛がられました
・家族でディズニーに この頃が1番かわいい(笑)
・大好きなパパと3歳の七五三

幼少期のコメント例文

幼少期では2人が育った環境や来賓へのメッセージ、感謝などを添えると見ているゲストも楽しんでもらえます。

「プロフィールムービー/ミニョン」より

新郎の幼少期

■例文
・電車が大好きな子供でした
・走るのが大好きで運動会でも大活躍
・裏山で仲良しのさんちゃんと作った秘密基地
・お父さんお店の手伝いが大好きだった
・たくさんの友達ができた幼稚園時代
・お祭りが大好きなまつりっ子でした
・弟の流星ができてお兄ちゃんに
・弟ができてますますにぎやかになった
・毎年行く旅行が楽しみだった
・この頃通い始めた水泳がまさか今の職業になるとは

新婦の幼少期

■例文
・いつもニッコリ チャレンジ精神旺盛な女の子でした
・1人でパジャマを着れて ハイポーズ!?
・天真爛漫で男勝りな女の子でした
・おてんば娘☆ 外で遊ぶのが大好きでした!
・妹ができて家族が賑やかになりました
・お母さんが切ってくれたおかっぱヘア
・ハミガキ大好き ピッカピカ☆
・姉と連弾したピアノ発表会
・歌って踊る活発な女の子でした
・いつもにぎやかで楽しい家族に囲まれて育ちました

小学生時代のコメント例文

だんだんと活発になってくると同時にいろいろなことに興味を持ち始めるこの時期。色々な体験をしていく中で今の2人に通ずるきっかけになった事柄もあるでしょう。友達との出会いや別れ、家族やおじいちゃんおばあちゃんとの思い出など「懐かしいなぁ」思えるものをしっかり紹介していきましょう。

「プロフィールムービー/3STORY」より

新郎の小学生時代

■例文
・緊張の入学式 お腹を壊したのもいい思い出(笑)
・小4から始めたサッカー 県選抜にもなりました
・一番背が高く当時のあだ名はジャンボ(笑)
・走るのが早くて毎年リレーの選手に
・運動会の母の弁当が大好きでした
・毎年恒例の家族キャンプ
・父とバイクの前でツーショット!!
・勉強にスポーツ 何にでも一生懸命になれた
・バスケットボール 夢中で練習しました
・一番痩せていた小学生時代w

新婦の小学生時代

■例文
・小学校に入学 友達もたくさん増えました
・ランドセルが大きくて重かった
・背の順ではいつも一番前が定位置でした
・お母さんの手作りのスカートが大のお気に入り!
・6歳から始めたバレーは15年間続けました
・初めてのハワイ みんな大きくて怖かった(笑)
・マンガ大好きっ子で将来の目標は漫画家
・習い事もたくさんさせてもらいました
・書道家のきっかけとなった6歳の夏

中学生、高校生時代のコメント例文

中学生、高校生時代は思春期の真っ只中。親御さんの目の届かないところでの思い出などもたくさんあるでしょう。友人ゲストとの思い出のエピソードなどを添えて青春の日々を振り返りましょう。

「プロフィールムービー/グラフィティ」より

新郎の中高生時代

■例文
・野球ばかりやっていた中学高校
・勉強に部活 全てに力を注いだ青春時代
・ダンス部に所属 全国大会にも出場しました!
・勉強ばかりで嫌だったのもいい思い出
・文化祭ではチョコバナナが大人気に!
・やんちゃばかりで迷惑かけた高校時代
・高校受験 第一志望に合格!
・体育祭では応援団長で大活躍!!
・大切な仲間ができました

新婦の中高生時代

■例文
・2年1組の友達とはいまでも仲良し
・中学の音楽会ではピアノを担当
・3年間汗水流したバレー部の仲間は一生の友達です
・毎日朝早くからお弁当を作ってくれたお母さん
・部活に塾と夜遅くでも迎えに来てくれたお父さん
・両親には本当に感謝しています
・大好きなおばあちゃんと2ショット 長生きしてね
・何でも笑えた高校時代w
・バスケ漬けの毎日 おかげで体力がつきました
・いつめんでいつもバカやってたな〜
・憧れの制服を着るために勉強頑張りました!

専門学校生、大学生時代のコメント例文

専門学校や大学での生活は生涯の友人ができる時期。将来に悩みながらバイトに遊びに恋愛に、充実した日々を過ごす大切な時期でもあります。成人式など大人としての節目を迎えるのもこの頃ですね。社会人としてひとり立ちする目前のこの時期の思い出を、大切なゲストに伝えてきましょう。

「プロフィールムービー/YOUR STYLE」より

新郎の専門学校生、大学生時代

■例文
・1浪して受かった念願の〇〇大学
・大学デビュー こんな髪型もうできませんw
・両親のありがたみを知った一人暮らし
・政治学専攻の清水ゼミメンバーに
・成人式 5年ぶりに撮った貴重な1枚(笑)
・オールラウンドと言うなの飲みサーに加入w
・スポーツせずにお酒ばかり飲んでいました
・夏はキャンプ 冬はスノボと楽しかった
・バイトに遊びと楽しすぎた大学生活
・かけがえのない友人ができました
・研究室での寝泊まりもいい思い出
・1年間ハワイに留学
・卒業旅行は仲良しメンバーでカリフォルニアへ

新婦の専門学校生、大学生時代

■例文
・専門学校に入ってからは勉強三昧
・勉強に実習 3年間大変だった専門時代
・仲間がいたからこそ乗り越えられました☆
・汗水流したチアダンス 今でも続けてます
・母と同じ着物を着て成人式へ
・10年ぶりの再開に大興奮!!
・暇を見つけては海外へ 旅行が趣味に
・コーヒーに詳しくなったカフェでのバイト
・今も大好きなワンオクのライブにデビュー

社会人時代のコメント例文

学生生活を卒業し社会人へと成長を。一人前に社会人となったお二人の生活をゲストの皆様に報告しましょう。ゲストとの出来事やその当時のエピソードなどを交えることでより臨場感がアップし、楽しんでもらえる映像に仕上げることができますよ。

「プロフィールムービー/クロスストーリー」より

新郎の社会人時代のコメント

■例文
・2014年 ◯◯株式会社に入社
・入社当時は右も左もわからずに本当に苦労しました
・社会人1年目 上司と先輩に支えられる毎日でした
・優しく指導してくださった〇〇先輩
・今の自分へと成長させてくれた〇〇営業部
・同期との飲み会が楽しみでした
・海外赴任でアメリカに
・シアトルのみなさん お世話になりました
・毎年恒例 男5人のBBQ大会(笑)
・会社では多くの素敵な同僚に恵まれ 成長できました
・先輩や同期に支えられながら仕事に励んでいます!
・これからもよろしくお願いします!

新婦の社会人時代のコメント

■例文
・2016年 株式会社△△の〇〇事業部に入社
・無事就職 先輩方も優しくてアットホームな職場です
・先輩や主任に支えられながら楽しく仕事に励んでいます
・少しずつ料理も作れるようになりました
・週末はカフェ巡り 趣味仲間もできました!
・友達と夏フェス!来年こそはリベンジだ!!
・先輩や主任に支えられながら楽しく仕事に励んでいます
・イギリス・オックスフォードにて メンバーとの時間は宝物
・母娘2人でバリ旅行 最高に楽しかったね!

新郎新婦の馴れ初め時代のコメント例文

いよいよプロフィールムービーも後半へ。お二人が出会ってから結婚式を迎える今日までのアピソードを振り返ります。「出会ったきっかけ」「第一印象」「共通の趣味」から「プロポーズ」「両家顔合わせ」「入籍」など、どのようにして今日まで愛を育んできたのかを紹介していきましょう。

「プロフィールムービー/LIFE」より

■例文
・学生時代のアルバイト先が出会いのはじまり
・二人の出会いは大学2年生のゼミ
・出会いは共通の友人の紹介
・マッチングアプリを通じて出会いました
・〇〇の猛アタックにより付き合うことに
・顔と性格のギャップに惹かれて付き合うことに
・最初の印象は「〇〇」「△△」
・共通の趣味は美味しいものを食べること
・2年間の遠距離恋愛を乗り越え同棲スタート
・憧れのディズニーでプロポーズ
・思い出のレストランでプロポーズ
・結婚指輪も2人で作りました
・サプライズプロポーズにびっくり号泣
・終始和やかな両家顔合わせとなりました
・両親との顔合わせは記憶がないほど緊張しました
・お父さんと新郎が仲良く酒を酌み交わす姿に一安心☆
・令和2年7月7日 入籍して夫婦になりました
・いい夫婦の2020年11月22日に入籍

プロフィールムービーの締めコメント例文

プロフィールムービーのラストは、ゲストへの感謝の言葉や新生活への意気込みなど伝えて締めくくりましょう。ある意味このパートが一番記憶に残りやすいです。一人ひとりゲストの顔を思い浮かべながら自分たちの言葉で感謝を伝えていきましょう。

「プロフィールムービー/トゥインクル」より

■例文
①皆様からたくさんの愛を受けて私達は今日まで歩んでくることができました。
まだまだ未熟な2人ですがこれからもどうぞよろしくお願いいたします②今後とも2人を温かく見守っていただけると幸いです
本日はご多用の中お集まり頂き誠にありがとうございました
引き続きごゆっくりお楽しみください③たくさんの方々に支えられて今日を迎えることができました
まだまだ未熟な2人ですが今後とも宜しくお願いいたします

まとめ

感謝の気持ちをコメントに込めよう

生い立ちムービーを作る過程で、今まで知らなかった親の苦労や愛情をあらためて感じることになるかもしれません。そんな感謝の気持ちをコメントに込めることで、今まで言えなかった本音もきっと伝えられるはず!たくさんの「ありがとう」の詰まったステキなムービーが完成するといいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする