意外に難しい?プロフィールムービーをより楽しんでもらうためのポイントとコツ(コメント編)

こんにちは、結婚式ムービーのプリンセスネットです。

結婚式の演出ではもはや定番のプロフィールムービーですが、それぞれの歩んできた軌跡をたどることで、育ててくれた両親はもちろん支えてくれた多くの人への感謝の想いを伝える良い機会にもなります。しかし、ムービー作りの中でも気になるのが映像に添えるコメントの中身。文章として美しいことはもちろん、誰にとっても見やすく楽しめるものとなると、意外に難しいもの。そこで今回は、意外につまずきがちなムービーコメントの作り方についてご紹介します。

これはNG!ムービーに使ってはいけない表現

結婚式はフォーマルなお祝いの場であるため、身に付けるものひとつとってもちゃんとした決まりがあり、ある程度のルールに則って執り行われるものです。そういった意味でも披露宴で流される結婚式のプロフィールムービーも、注意すべき点がいくつかあります。

句読点を使用しない

映像に入れるコメントには句読点を使用しないのが一般的なルールです。これらは「切れる」や「終わり」などの意味を持つためお祝いの場にはふさわしくないとされています。よって「、(読点)」はスペースを使用し、「。(句点)」は入れないようにしましょう。

忌み言葉には気をつけよう

忌み言葉と言って昔から縁起が悪いとされる言葉や漢字があります。
最近ではそこまで口うるさくはありませんが、ご年配方が多く出席するような式の場合には
予めこれらの言葉を避けて制作を行ったほうが無難でしょう。
(絶対に使ってはいけないというわけではありません。ただ縁起が悪いので避けましょうといいった流れがあるのが事実)

「別れ」や「不幸」を連想させる言葉はまずNGですので、「離れる」や「消える」などのネガティブな言葉遣いには言い換えを用いてコメントを作りましょう。また「くれぐれも」、「益々」という重ね言葉も「繰り返す」という意味を持つため忌み言葉のひとつとされています。「お忙しいところ」という表現も「亡」の字がNGのため、「おいそがしいところ」というように直しましょう。

その他ふさわしくない言葉

上記の縁起の悪い表現以外にも、一般的にいっても形式的な場にそぐわない言葉はたくさんあります。口語として「やばい」、「うざい」などあまり美しくない言葉を普段使用しているケースはありますが、コメントでの使用は控えましょう。その他「頼りない」、「頑固」などの表現も悪いイメージを植え付けてしまうため使わないように気を付けてください。

ゲストが理解しやすいコメントとは?

披露宴は小さなお子さんからお年寄りまで年齢層もかなり幅広いため、ゲストの皆さんに見やすく楽しんでいただけるムービー作りが必要になってきます。自分たちの好みももちろん大切ですが、色々と視点を変えて見てみるのもとても大切です。

まずは読みやすさが第一

まずは「フォント・書体」について。細めでおしゃれな書体を使いたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、テレビで見る分にはこれでも十分でしょう。

ただ、会場で流すといった事を考慮すると話は別です。大きなモニターに映した場合、画面も予想以上に見えづらく、100名以上が入る会場で遠くの席の人からでもしっかりと見れるようにと言う事を考えると、あまり細かな字やフォントは避けたほうがいいと思います。
前の人だけが笑っていて、後ろの方にいる両親などが全く見えなかったという結果になっては悲しいので…^^;

なので、見やすさを考えればやはり太めのものをオススメします。

逆に今多くなってきている若い年齢層の方が多いパーティー型のウェディングなどであれば、そこまで太さなどを気にせずにオシャレフォントなどお好きな書体にアレンジして自分らしさを出すのもありかと思います。

少しくらいオーバーぐらいが丁度いい!

写真をわかりやすく伝えたいからと言って、端的にその状況説明だけを繰り返してしまう方がいらっしゃいます。例えば…

誕生日ケーキの写真では「3歳の誕生日」
成人式の写真では「20才の成人式」
のように

確かに端的でわかりやすいです。
ただ、見ている側からしたらどうでしょう。正直言って何の面白みもありません。
だって見たそのままだからです。

ではゲストを楽しませるプロフィールムービーを作るにはどうしたらいいのでしょう。

(例題)運動会の時のコメントを例に考えてみましょう。

■良くない例

足が早くいつも運動会ではリレーメンバーに

■良い例

リレーでごぼう抜きの大活躍!その日からあだ名はヒーローになりました(笑)

下のほうが少し盛っている感はありますが、下の例のが具体的かつ、知らない人間も少し笑ってしまうようなマル秘話も含んでおり、観ている側も楽しいはず。
プロフィールムービーの場合、コメントを考える際には少しくらいにオーバー気味のほうが伝わりやすいし、わかりやすいのでおすすめです。

自分の持つべき全てのユーモアを活かして、この日くらいはみんなを笑かしてやる!といった意気込みでコメントを考えてみましょう!

きっと楽しいプロフィールムービーにすることができると思いますよ♪

まとめ

感謝の気持ちをコメントに込めることが大事

生い立ちムービーを作る過程で、今まで知らなかった親の苦労や愛情をあらためて感じることになるかもしれません。そんな感謝の気持ちをコメントに込めることで、今まで言えなかった本音もきっと伝えられるはず!たくさんの「ありがとう」の詰まったステキなムービーが完成するといいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする